[PR]

 20日付の米天文学会の専門誌「アストロノミカル・ジャーナル」に、「太陽系外縁に巨大惑星の証拠」と題する論文が載りました。著者は米カリフォルニア工科大のコンスタンチン・バトゥイギンとマイケル・ブラウン。本当なら、2006年に準惑星に格下げされた冥王星に代わり、第9の惑星になるというので、話題です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも