[PR]

 1月7日朝、北京は零下まで冷え込んだ。珍しく澄み切った空の下で、国家衛生・計画出産委員会のビルに立つ赤い中国国旗が揺れていた。その前で60人余りの男女が凍える手足をさすりながら約2時間、シュプレヒコールを上げ続けた。

 「ふたりっ子はもう合法だ。差別はやめろ」

 集まったのは、「一人っ子」政策に背…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも