[PR]

 シリアの首都ダマスカス郊外で起きた爆発事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。アサド政権が首都近郊で反体制派への攻勢を強めるなか、ISの脅威が改めて浮き彫りになった。内戦をめぐる和平協議の行方にも暗雲が垂れ込めている。▼1面参照

 ジュネーブで始まったシリア内戦の和平協議は1月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも