[PR]

 これではずさんな事件処理が常態化していた、といわれても仕方がないのではないか。

 大阪府警の全65署のうち61署で計約4300事件の捜査が放置され、いずれも時効が成立していたことが発覚した。

 実況見分調書や被害者調書、遺留物などの証拠品が、段ボール箱に入れられ、署の機械室や車庫に置いたまま、捜査…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも