[PR]

 太陽と地球の距離の数百倍も離れた太陽系の外れに未知の惑星が存在する可能性が、米研究者の分析で浮上した。実際に観測されれば、海王星に次ぐ第9惑星となる。観測にはハワイにある日本の「すばる望遠鏡」などの貢献が期待されている。

 第9惑星の可能性を指摘した論文は、米カリフォルニア工科大のマイク・ブラウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら