[PR]

 十七の六

 漸く家(うち)へ辿(たど)り着いた時、彼は例のような御米と、例のような小六と、それから例のような茶の間と座敷と洋燈(ランプ)と箪笥(たんす)を見て、自分だけが例にない状態の下(もと)に、この四、五時間を暮していたのだという自覚を深くした。火鉢には小さな鍋(なべ)が掛けてあって、その蓋…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも