[PR]

 性感染症にかかっているとのうその診断をされ、不要な治療を受けさせられたとして、東京都内の60代男性が、診察をした院長に約210万円の損害賠償を求めた訴訟で、院長に25万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)が2日付の決定で、院長側の上告を棄却した。

 一、二審…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら