[PR]

 内閣府が3日発表した1月の消費動向調査によると、家計の消費意欲を示す「消費者態度指数」は前月から0・2ポイント低下して42・5となり、4カ月ぶりに前月を下回った。基調判断は「持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しのテンポが緩やかになっている」へと下方修正された。指数を構成する4項目のうち、「耐久…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら