[PR]

 九州電力が川内原発(鹿児島県)で事故時の対策拠点となる免震重要棟の建設を撤回した問題で、瓜生(うりう)道明社長が3日、原子力規制委員会との意見交換会で説明した。規制委は理由が不明確だとして撤回申請の出し直しを求めており、九電は再提出を検討中だが、撤回方針は変えない姿勢だ。

 免震棟は福島第一原発事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも