[PR]

 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、衆院議長の諮問機関が答申した衆院定数の10減などを含む選挙制度改革案を尊重するべきだとの考えを示した。自民党が10日に答申への対案の議論を始めることを踏まえ、「議長の下に第三者機関を置くべきだと申し上げたのは私だから、自民党が答申を尊重するのは当然のことだと思…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも