[PR]

 北海道鶴居村の雪裡川(せつりがわ)で3日、朝の陽光がさす川霧の中で、タンチョウの群れが羽を休める幻想的な光景が見られた。

 雪裡川は冬も凍らず、タンチョウにとっては外敵から身を守るための格好のねぐらだ。厳冬期の早朝は川面から立ち上る水蒸気が冷気で冷やされ、「毛嵐(けあらし)」といわれる霧に包まれる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも