拡大する写真・図版 建築家ヴォーリズの初期の建物で、美しい外観を持つ京都大学YMCA会館。この奥に地塩寮がある=楠本涼撮影

[PR]

 104歳で現役医師の日野原重明にとって、地塩寮(京都市左京区)は忘れがたい場所だ。その名は「汝(なんじ)らは地の塩なり」という聖書の一節に由来する。「世の中に、神様に、必要とされる人間であれ、という意味でね。表札の文字まで、いまも目に浮かぶよ」と懐かしむ。

 寮は「京都大学YMCA」という団体が運営する。1899年、京大の前身、京都帝国大学のクリスチャンらで結成された団体で、1913年に地塩寮を建てた。

 32年に京都帝大の医学部に入った日野原もここで暮らした。当時は男子寮で2階建て、個室は畳敷きだった。寮母がご飯、みそ汁、お新香の質素な朝食を作ってくれた。物足りなかったが、ドイツ人留学生の朝食を見て考えが変わった。「彼は黒いパンとコーヒーだけ。シンプルな朝食もいいな、と気づいたね」。日野原の朝食や昼食はいまもジュースやミルク、クッキーと簡素だ。

 たまに奮発し、試験前夜に友人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも