[PR]

 日本が40年近く前に始めたインドシナ難民の受け入れ事業により、ベトナム、カンボジアのほかにラオスからも約1300人が定住した。ラオス難民たちは今、祖国の言葉や文化を、日本で生まれ育った2世や3世の子どもたちに伝えようと取り組む。「日本とラオスのかけ橋に」と願う。

 「サバイディー(こんにちは)」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも