[PR]

 戯曲の言葉を読むと、せりふの音調を感じ取ることがある。樋口一葉を主人公とするこの戯曲も、金を稼がねばならない貧しい戸主の一葉(夏子)が、母や妹を始め周囲の人たちと言葉を交わしながら小説家として成長する様が、声と体を伴って立ち上がる。「熱い涙を流す人」から「冷ややかに笑う作家」へ。文学史に記されたお…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも