[PR]

 夜「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」で、菊之助の傾城(けいせい)八ツ橋は、間夫に責められ、吉右衛門扮する客の佐野次郎左衛門に愛想づかしをする。その時なじみ深い芝居に新しい光が差したようだった。

 六代目歌右衛門の八ツ橋は口では絶縁を宣言しながら、口には出さぬ思い入れで、客に対する遊女の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも