[PR]

 都会で地方で被災地で。一人で家族と友達と。みんな食べてる中華食堂。ビールに餃子(ギョーザ)、レバニラ定食、ラーメンと炒飯(チャーハン)。上る湯気はふれあいの証し。町の中華屋「まち中華」を考える。

 

 ■腹と一緒に心も満たす 千葉憲二さん(「かもめ食堂」店主)

 昔、私の故郷、宮城県の気仙沼に「か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも