[PR]

 がん患者らの退職を防ぎ、治療しながら働き続けられるようにするためのガイドライン(指針)を厚生労働省が23日公表した。患者の情報を企業と病院(主治医)が共有して働きやすい環境を整えることや、傷病休暇の導入などを促している。

 指針では、がんや脳卒中など継続的な治療が必要な労働者に対し、会社がどう配…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも