[PR]

 性的少数者をめぐる課題を話し合う自民党の特命委員会(委員長=古屋圭司・元国家公安委員長)が23日、党本部で初会合を開いた。古屋氏はあいさつで「一部の運動団体が人権擁護法案と同じようなことをしているという危機感がある」と述べ、約60の当事者団体の連合が求める差別禁止法を否定。差別禁止をうたわない「理…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも