[PR]

 浮世絵師といえば、葛飾北斎や東洲斎写楽らの名がまず浮かぶ。だが、北斎の師であり、写楽らが発展させた役者絵のパイオニアとして忘れてならないのが勝川春章(しゅんしょう)だ。多彩な作品から春章の画業に迫る2展が、東京で開かれている。

 春章は江戸時代中期に活躍した浮世絵師。歌舞伎役者らの似顔絵を写実的…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも