[PR]

 夏目漱石「夢十夜」の108年ぶりの再連載が9日から始まる。4話に共通する書き出し「こんな夢を見た」が印象的な全10編の短編集だ。漱石が実際に見た夢か、創作か。幻想的な作風は解釈をめぐって議論を呼んだ。漱石の長編小説に比肩する重要な小品で、派生作品も多い。

 「夢十夜」は1908年7月25日から8月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも