[PR]

 東日本大震災や東京電力福島第一原発事故で今も5万世帯超が仮設住宅に暮らす。退去期限が示され始める中、行く先が定まらない人が大勢いる。仮設住宅暮らしを解消するため、国や自治体は阪神・淡路大震災の例を教訓に対策に乗り出す。▼1面参照

 仙台市宮城野区のある仮設住宅で暮らす被災者の大半は5月に退去期限…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも