[PR]

 宮古市、山崎幸穂さん(56) 津波で、引っ越したばかりの酒店が水につかった。でも商売の発想を変え、長崎の知人に頼んで宮古の米と水で焼酎を造ってもらったら評判になった。市内のホテルに頼まれて卸売業も始め、商売が広がった。今では日本酒、ワインも造り、売り上げの一部は地元の酒メーカーや漁協に寄付していま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも