[PR]

 ■1973年・2回戦

 打者は速い球を打つため、バットを拳一つ分ほど短めに握ることが多い。作新学院の江川対策として、銚子商の5番青野も「一握り半短く持った」という。それを逆手にとって斉藤監督は短いバットを用意した。通常34~34・5インチのところ33インチのバットだ。これを小柄な1、2番や下位打者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも