[PR]

 東日本大震災で津波被害を受けた岩手、宮城、福島の3県で、集団移転した被災者から市町村が買い取った沿岸の住宅跡地など約2028ヘクタールのうち4割強の活用策が決まっていないことが、わかった。市町村は、工場や事務所の立地などを想定しているが、計画作りは思うように進んでいない。

 被災者向け宅地を高台や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも