[PR]

 国連の女子差別撤廃委員会が慰安婦問題に関する日韓合意に注文をつける最終見解を公表したことに、日本政府は8日、「極めて遺憾で受け入れられない」と強く反発した。ただ、最終見解が「性奴隷」という表現を使わなかったことは「成果だ」と強調した。▼オピニオン面=社説

 最終見解が日本時間7日夜に発表されると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも