[PR]

 株式の時価総額が上場廃止基準を下回るのを免れるため、社員に自社株を買わせて株価を引き上げた金融商品取引法違反(偽計)の疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は8日、東証マザーズ上場の電子部品製造会社「インスペック」(秋田県仙北市)に1224万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告し、発表した。役…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも