[PR]

 戦時中の空襲で被害を受けた民間人の救済法制定をめざす超党派国会議員連盟の鳩山邦夫会長は8日、空襲で障害を負った人に給付金を支給する案を柱に、法案の骨子作りに向けて近く、本格的な議論に入る考えを示した。被害者らが東京・永田町で開いた集会で明らかにした。

こんなニュースも