[PR]

 車でまちを走ると、助手席の彼女(29)はふさぎ込んだ。

 車窓から見えるのは、土がむきだしになったままの造成地。津波を思い出させる景色がつらいと言う。

 倉堀康さん(32)は苦しい気持ちになる。

    *

 あの日、大工の仕事で岩手県釜石市にいた。翌日にたどりついた大槌町の自宅は津波で跡形もなか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも