[PR]

 政府は8日、日本全体で温室効果ガス排出量を削減する計画の根拠となる地球温暖化対策推進法の改正案を閣議決定した。国連に提出した「2030年度に13年度比26%減」の目標達成に向け、LEDなど省エネ機器への買い替えや公共交通利用を促す国民運動を行うことなどを盛り込んだ。

 「26%減」の達成には家庭や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも