[PR]

 (No.1558)

 「このような避難者の身になってなお、原発が必要と言う人はいるだろうか」

 昨年6月8日。福島県双葉町から宇都宮市郊外に避難していた武内義男は、訪ねた記者に語った。

 「原発推進の看板はきちんと残して今後の反省材料にすべきだ」

 28年前、町の原発PR標語の公募に応募した。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら