[PR]

 (No.1559)

 福島県双葉町に掲げられていた原発推進の標語は四つあった。

 最もよく知られたのが「原子力 明るい未来のエネルギー」。小学6年生でこれを作った大沼勇治(40)以外の標語考案者3人は、今や全員が他界している。

 28年前、大沼らを表彰したのが当時の町長・岩本忠夫だった。

 東京…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも