[PR]

 (No.1563)

 原発城下町の福島県双葉町を象徴するスローガン「原子力 明るい未来のエネルギー」。その考案者である大沼勇治(40)を表彰した岩本忠夫が社会党を離れたのは、町長になる前の1984年のことだった。

 離党の前には双葉地方原発反対同盟の委員長を辞し、「浪江・小高原発」建設計画に反対…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも