[PR]

 11日夜、東京・六本木。高さ5メートル、幅50メートルの白い壁に六つの数字が現れた。9から1まで明滅しながらカウントダウンを繰り返す。

 パブリックアート「カウンター・ヴォイド」は、現代美術家・宮島達男さん(59)が2003年に制作した。テーマは「生と死」だ。

 「誰もが享楽的に生を謳歌(おうか)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも