[PR]

 愛知県扶桑町に住む病院職員広田圭さん(33)は大学生だった20歳のとき、精巣がんと診断された。がんは腹部のリンパ節と肺にも転移しており、2003年5月、実家がある三重県の総合病院で右精巣の摘出手術を受けた。

 5月末から抗がん剤治療が始まり、吐き気などの副作用に悩まされた。髪が抜け、やせた自分の姿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも