[PR]

 衆院北海道5区と京都3区の両補選は4月12日の告示まで1カ月を切り、与野党の攻防が本格化している。自民公認と無所属の野党統一候補がぶつかる北海道5区では、安倍政権が夏の参院選の試金石とみて組織の引き締めを図る。京都3区は、民主、維新両党が合流する民進党にとって初の国政選挙で、政権への対抗軸として存在感を示せるかが焦点だ。いずれも同24日に投開票される。

 ■北海道5区 政権、引き締め図る 与党VS.野党統一候補

 北海道5区補選は安倍晋三首相の出身派閥の前会長、町村信孝前衆院議長の死去に伴うもの。町村氏の次女の夫で自民公認、公明など推薦の和田義明氏(44)と、民主や共産など野党が推薦する無所属の池田真紀氏(43)がぶつかる構図だ。

 首相は12日の党会合で「自公対民共という構図の行く先を占う重要な選挙だ」と強調した。15日夜の札幌市厚別区での集会には、自民の茂木敏充選挙対策委員長らが駆け付けた。

 茂木氏は「野党が一致しているのは、首相が嫌い、安保法制の廃止ということだけ」と主張。民主を離れた鈴木貴子衆院議員も参加し、和田氏への支援をアピール。貴子氏の父の宗男氏が率いる地域政党「新党大地」も和田氏を推薦する。

 自民幹部によると、首相自らが北海道議や市議に電話し、協力を要請。出身派閥の議員秘書ら数十人が現地に入り、党機関紙を配って和田氏の知名度アップを図る。5区には自衛隊駐屯地があり、家族や関係者らも含めると数万人とされる。今月施行される安保法で自衛隊の活動が拡大することから、野党側は「隊員の危険が高まる」と主張しており、「自衛隊票」の行方も焦点だ。

 自民の谷垣禎一幹事長は、補選を重視する理由を「参院選をにらんで統一候補という形でやる野党の基本的な戦略を左右する」と説明。与党内には補選結果次第で、首相の参院選に合わせて衆院選に打って出るかの判断に影響を与えるとの見方もある。首相側近は「ここで負けたら衆参同日選はないだろう」と語る。

 一方、池田氏は14日夜、共産党道委員会が開いた総決起集会に出席。「みなさまの思いも受け止めて全身全霊で戦う」と訴えた。野党5党の幹事長は15日夜の会合で、補選での連携を確認。安保法廃止を最大の争点として掲げる方針で、民主関係者は「連携が失敗したと評価されない戦いをするのが重要」と指摘する。(円山史、松井望美)

 ■京都3区 民進、問われる存在感 自民は擁立断念

 野党3党など5人が立候補を予定する京都3区補選は、育休宣言後の不倫が発覚した宮崎謙介前衆院議員(自民を離党)の辞職に伴うもので、自民は候補擁立を断念。連立を組む公明党も「謹慎」を強調する。

 前回衆院選の同3区で宮崎氏に敗れ、比例近畿ブロックで復活当選した民主の泉健太衆院議員(41)は、27日に合流する民進党公認で選挙に臨む。13日の民主の京都府連大会では、与党の不戦敗で有利と見られがちな空気を意識して「選挙に楽観論はない。『現職は唯一で大丈夫』という声をいただくが、それほど怖いものはない」と訴えた。

 対抗するのは、野党でも安倍政権と政策面などで連携を図ってきた2党だ。おおさか維新の会は元党職員で新顔の森夏枝氏(34)、日本のこころを大切にする党が派遣社員で新顔の小野由紀子氏(37)を擁立し、いずれも自民支持層に狙いを絞る。ただ、「(野党内の)保守分裂」(こころの中野正志幹事長)は両党にとっても悩ましい状況だ。

 野党同士が争う構図は、民主と共産党の連携のあり方にも影響している。

 泉氏は13日の大会で「いずれの選挙でも共産とは共闘しない」とする府連の活動方針を強調。5回当選のうち3回は選挙区で勝利した泉氏は保守層からも一定の支持を得ていると考え、共産の全面協力はかえってマイナスになると捉えているためだ。

 一方、共産党京都府委員会は14日、参院選に向けた野党連携を踏まえ、候補擁立を断念して自主投票にすると発表。泉氏は直接の連携は求めていないが、「政権の政策に疑問を持つ人には党を超えて結集してもらいたい」と述べ、水面下の支援には期待を示す。

 今月船出する民進は北海道5区で「市民団体を介して共産と連携」、京都3区では「すみ分けで共産と直接協力はしない」との戦略で臨む。参院選でも予想される二つの戦い方の結果は野党にとって、今後の国政選挙での試金石になる。(村松真次、岡本智)

こんなニュースも