[PR]

 最高益を見込むトヨタ自動車ですら、今春闘のベースアップは昨年実績の半分に満たない月1500円となる。円高や新興国経済の減速など、先行き不安が背景にある。政権が賃上げを求める「官製春闘」にも距離を置いた格好だ。▼1面参照

 「今年は厳しい。今のままでは終われない」。交渉が大詰めに入った今週になっても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも