[PR]

 (No.1565)

 先月24日。

 福島県双葉町の原発PR標語「原子力 明るい未来のエネルギー」の考案者・大沼勇治(40)は、南相馬市に住む元高校国語教師・若松丈太郎(80)を訪ねた。

 原発事故を予言する詩で警鐘を鳴らした詩人に、やっと会えたのだ。

 大沼が標語を作ったのは小学6年生のとき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも