[PR]

 (No.1567)

 福島県双葉町。

 原発推進の標語を掲げてきた「原子力広報塔」の撤去工事が再開された今月4日、標語考案者の大沼勇治(40)は、妻・せりな(40)と現場で作業を見守った。

 「原子力 明るい未来のエネルギー」などの文字板が外された後の鉄板は長さ16メートル。クレーンでつり上げら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも