[PR]

 夏目漱石は明治36(1903)年3月3日の雛(ひな)の節句に、本郷区駒込千駄木町57番地に、妻と女児2人と共に引っ越してきた。彼はその時36歳で英国留学から戻ったところだった。熊本五高に戻る気はなく、東京で一高の英語嘱託と東京帝国大学講師の仕事を見つけた。

 そこに通うのに便利な家を探したのである…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも