[PR]

 水俣病患者の身を案じて48年。住まいのグループホームから今も患者の元へ毎週通う。

 元教員。教え子を見舞った熊本県水俣市の病院で寝たきりで苦しむ患者の姿を偶然見かけ、頭から離れなくなった。市議になり、1968年に水俣で初めて結成された患者支援組織、水俣病対策市民会議(現・水俣病市民会議)で会長を務…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも