[PR]

 棚から引き抜いて積み上げた色彩豊かな画集の上に、黄色のレモンを置いて書店を立ち去る。

 とっぴな行動で、憂鬱(ゆううつ)さが「変にくすぐったい気持」に変わった主人公をまねるのか、梶井基次郎の短編小説「檸檬(れもん)」の舞台である書店「丸善」の京都本店には、レモンを置く人が絶えない。作品が誕生して9…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも