[PR]

 フランスのオランド大統領は30日、テロ対策として打ち出した憲法改正を断念すると表明した。テロ関連の犯罪などにかかわった重国籍者の国籍剥奪(はくだつ)や、非常事態宣言の規定を憲法に盛り込むことを目指したが、異論が強かった。「これ以上、国内を分断すべきではない」と判断した。上下両院の議長らとの協議を踏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも