[PR]

 ◇準決勝(第2試合)

高松商(香川) 000 101 000 02|4

秀岳館(熊本) 000 002 000 00|2(延長11回)

 ■(春旬瞬)粘投心で唱えた「落ち着け」 高松商・浦大輝投手

 秀岳館の打線が怖かった。だから受けるダメージのレベルを高く設定していた。「5失点はしょうがない」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも