[PR]

 ■(セーフアウト)「拾われた」鵜久森弾で打線覚醒

 美しい弧を描いた打球が、左翼席中段に飛び込んだ。

 同点にされた直後の四回。ヤクルトが失いかけた流れを、鵜久森(うぐもり)の一振りが変えた。「何を打ったかわからないぐらい興奮してます」。それもそのはず、4年ぶりの本塁打だ。

 昨オフに日本ハムから…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも