[PR]

 2年前、私は聖路加国際病院で循環器内科の新沼廣幸先生の診察を受け、心臓の大動脈弁に狭窄(きょうさく)が発見されました。米サンフランシスコの病院で内科循環器科の医長を務める三男に電話で相談したところ、100歳超での手術には危険も伴う、受けない方がよいとの意見でした。

 忠告通り手術を断念し、経過を観…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも