[PR]

 特定の民族や人種を標的にして差別をあおる「ヘイトスピーチ」をなくそうと、自民、公明両党が5日、対策法案をまとめた。野党はすでに独自案を提出しており、法制化に向けた協議が本格化する。差別根絶に向けた実効性の確保を求める意見がある半面、過度の規制は憲法が保障する「表現の自由」の抑圧につながりかねないと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも