[PR]

 後々まで東芝のトップ選びに影響力を持つようになる西室泰三は1996年、社長になった。取締役は2年、常務と専務が1年ずつという短さ。諸先輩を抜き去った登用で、各紙は「8人抜き」と書き立てた。

 先代の佐藤文夫まで重電出身の社長が続いたが、西室は在米14年の海外通。「これからは英語ができる西室君が良い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも