[PR]

 パナマ文書を入手・分析した南ドイツ新聞は12日、流出元となった中米パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」について、米中央情報局(CIA)を含む複数の国の情報機関の関係者が顧客として、経営実態のないペーパー会社の設立などに利用していたと報じた。

 同紙によると、ペーパー会社はスパイ活動の「隠れみ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも