[PR]

 発達障害の一種「自閉症スペクトラム(ASD)」を、脳活動のパターンから見分ける方法を東京大学や国際電気通信基礎技術研究所(京都府)のグループが人工知能(AI)を使って開発した。将来は補助的な診断指標として使える可能性がある。英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に14日発表した。

 自…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも