[PR]

 日本を代表するバレリーナ、森下洋子が団長を務める松山バレエ団が「ロミオとジュリエット」を5月、6年ぶりに再演する。主演の森下らが作り上げたいのは、若さゆえの悲劇ではなく、明るい勇気の物語だ。

 同団がこの作品を初演したのは1980年。森下のパートナー清水哲太郎が新演出・振り付けを手がけ、文化庁芸術…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも